このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
LINEの友だち追加で
すぐご視聴いただけます
「はぁ~、また今日も会社か・・・」

僕はどこにでもいる
ごくごく
平凡な『ザ・会社員』でした。
僕の自己紹介をさせて頂きます。

長文になりますが、
僕が起業家として時間とお金と心に余裕のある
自由な人生を手に入れることができた
キッカケを書いています。

ぜひ最後まで読んで頂けると嬉しいです。

毎日ストレスと戦っている僕は
平凡な『ザ・会社員』

妻と子ども2人と一緒に暮らす僕は、大手人材紹介会社に勤める会社員歴12年目の33歳。

どこにでもいるような『ザ・会社員』だ。

朝7時に家を出て、夜23時に帰る平日は、起きている子どもに会うことがない。
(たまに妻に会えないことまである)

帰宅後は、冷めた夕食を温め直して、スポーツニュースでも見ながら食べる毎日。

家事もろくにできない僕は、休日の楽しみもこれと言って特にない。

しいて言うなら、一向に優勝する気配のない阪神タイガースのテレビ中継を観ることぐらい。

そのおかげ(?)で、平日も休日もストレスと戦っていた。

転職させればさせるほど
鳴り止まない!クレーム電話


僕の仕事は転職支援。

今の職場を続けることに悩んでいる方へ、転職先を紹介する。

「転職して良かったです!」

そう初めて言っていただけたときは

(よっしゃ!)

と心の中でガッツポーズ。本当に嬉しかった。

 
最初はマッチングすることにやりがいを感じていたが…

そんなある日。

 
「転職しない方がよかったです」

 
無事に転職したと思っていた方から、まさかのクレーム。

「えっ!あれほど喜んでいたのに・・・なんで?」

これを受け『転職したのに後悔する人がいる』という事実を知る。


その後もクレームの電話は鳴りやまず

「これはヤバイ・・・」

そう思った僕は上司に相談したが、

「いちいち終わった人に構ってられませんね。そんなことより、どんどん新しい人を転職させていきましょうか」というスタイル。


(僕たちの仕事は、誰のためになってるんだ?)


僕は、疑問を感じ始めた。


会社のイエスマンになるくらいなら
自分のやり方でやってやる


転職に失敗した方たちからのクレームに対応するのは、中間管理職である僕の仕事。

「山田さん、保留1番に先日入職された●●さんから電話です!」と部下から言われるたびに


(またかよ・・・イヤだ。出たくない。)


そう思いながら受話器を上げる。

いつも思うのだが、こういう時の嫌な直感だけは、なぜ見事に的中するのだろうか・・・。不思議だ。


結局クレーム問題を改善させることはないまま、上司からは「全員もっと売上を上げるように」という、さらなる追い打ち。


「はい。わかりました。」


心にもない返事をする自分がロボットのようで嫌だった。


(もうこれ以上出世したくない)


出世すればするほど上司との関わりが増えて、会社の ‘ イエスマン ’ になるだけだ。

このまま生活のためだけに働くことが苦痛になっていた僕は、ずっと迷っていた。


営業マネージャーとして、自分の気持ちを押し殺し、会社の利益に貢献するか。

それとも

一人の人間として、自分の感情と心に従い、お客様に寄り添った対応をするか。


答えを出せずにいた・・・。


会社・上司・社員。
周りを見ると、みんな業界ナンバーワンを目指し、売上を上げることに必死だ。


(売上も大事なのはわかるけど・・・誰も何とも思わないのかよ?)

心で思いながらも口には出せずにいた僕は、周りに合わせて、夜遅くまでイヤイヤ働いていた。


でも、やっぱり「何がなんでも転職させろ」という会社の方針に従うたびに、心が痛い・・・。


社内では、孤独だったが、
社外には、求職者さんと企業がいる。

その方たちのことを考えると、僕の考え方にブレは無かった。


僕の考え方はこうだ。

「別に全員を転職させる必要なんてない。それを利益のために強引に転職させるからクレームになるんだ」

自分の気持ちは、ハッキリした。


「お客様が喜んでくれることを重視したい」


でも大手企業相手に、一社員の意見は通用するはずもなかった。

自分の考えが通用しないとわかった僕は、

 
「命令に従う ‘ イエスマン ’ になるくらいなら、自分のやり方でやってやる。」


そう考え、起業しようと思い立った。 

(自分の裁量で仕事ができれば、誰にも文句を言われず、強引な転職をさせる必要もない)

そう思ったからだ。

行動しまくった1年半後、僕は…


「求職者さんのためになるには、自分が起業すればいいんじゃないか?」 

そう思い始めた僕は、起業している先輩たちを訪ねて、情報を得た。
 
まず、人材紹介で起業するには、資本金500万円がいること。
そして、一人でやるのはかなり大変だということ。 

他にもいろいろ必要なことを教えたいただき、
「このままではダメだ」と思った僕はまず、ビジネスとは何か?ということから勉強することにした。

起業家の元を訪ねたり、
本を読んだり、
セミナーに参加したり。

ビジネスパートナー探しのための人脈作りや、時にはサシ飲みしたりもした。


どうすれば、起業できるのか?
僕はとにかく行動した。


そして、ビジネスの世界はそう簡単なものではないと、なんとなく分かっていたけど 、行動してみてハッキリ分かった。
 
 
「・・・絶対ムリ。」

 
いつまで経っても資本金は貯まらないし、信頼し合えるビジネスパートナーも見つからない。


気付けば1年半が経ち、僕はまだ会社員のまま。
現状は何ひとつ変わっていなかった。

会社は辞めたいけど
起業はムリだった僕の次なる作戦


相変わらずな会社の方針に従いたくもないのに、自分には起業できる程の力もない。


「もうあきらめるしか・・・」

 
そう思った僕は、仕方なく別の方法をとることにした。


「よし、転職しよう」


とにかく現状から抜け出したかった僕は、次に転職活動することにした。


しかし、これもまた、失敗に終わる。


気が狂いそうになるほど毎日何通も届く求人募集メール。

その中から面接を受け、無事採用は頂けたが、

・年収を下げてまで、新しい職場に移るべきなのか?
・転職して、本当に満足できるのか?
・今よりも確実に良くなるかどうかなんてわからない
 

散々悩んだ末、結局僕は転職する決断もできなかった。



「オワッタ・・・」


 
我慢して会社に留まることを選択した僕だったが、心は死んでいた。
 

そして、上司へ伝えた。


「もう降格させてください。」


この発言で、僕にやる気がないことが、とうとう会社に伝わってしまった。

現実逃避する毎日に
突然やってきたチャンス


結果的に降格させられることは無かったが、そこから上司の対応は変わり、

すっかり「浮いている社員」になった。
 

起業にも転職にも失敗した僕は、 行動しても行動しても変わらない状況に絶望し、現実逃避をするため、帰宅してからは夜中までだらだらYouTubeを見る毎日・・・

イライラが絶えずストレス過多となり、とうとう体調を壊してしまった。 



「一生をこのままで終わりたくない」



でも、もう次の手がない僕は、どうしたらいいかわからなくなっていた。 

  
そんな時、 人生を大きく変えるきっかけとなる、Aさんに出会う。 

僕の最初のメンターとなった人だ。

心が死んでいる僕と
元落ちこぼれのAさん


Aさんは、元会社員。

会社員時代は出世することもできず、実質的には「クビ」状態で会社を辞めることになった自称『落ちこぼれ社員』だったらしい。


でも、今では起業7年目の立派なコーチだ。


本も出版されていて、たくさんのクライアントさんを抱えるAさん。

起業家って『何かスゴくて近寄りにくい』というイメージだったが、僕より年下のAさんは威圧感というものがない。

まるで同僚と一緒に居るときのような、気さくな雰囲気をかもし出していた。

でも、どこかオーラがある。そんな人だった。


(会社員だった人が…一体何をしたらこんな風になれるんだ?)


そう思っていた僕は、Aさんに現状の悩みを打ち明けると、Aさんは僕に質問した。

「山田さんって、大手企業の管理職としては、かなり高給取りですよね。僕が山田さんの立場だったら、起業していなかったかもしれないです。何がそんなに不満なんですか?」 


そう言われた僕は答えた。

「確かに他の方と比べると、(年収は)悪くない方だと思います。でも、この仕事をずっと続けていく事に疑問を感じていて・・・。もうこれ以上出世したくないんです。」 


Aさん「なるほど、ちなみに出世したくないと思っている理由は?」


僕「会社なので利益第一なのはわかりますが、お客様のためになっていないと感じてるんです。転職なんてするんじゃなかったというクレームの電話が入るたびに、自分は何のために仕事をしているんだろう?と思います」 

 
Aさん「なるほど、確かにそれはしんどいですね・・・」

 
僕「はい。僕は求職者さんに、転職できて『人生が変わりました』って喜んでほしいんです。でも、会社はそこまでの面倒は見ませんし。」


Aさん「なるほど、じゃあ今の会社を辞めたいって感じですか?」 


僕「はい。だから求職者さんを第一に考える会社を自分で作ろうと思ったんです。 結局、努力が足りなかったとは思いますが、ビジネスできる人なんてごく一部なんだと、2年行動してみてよくわかりました・・・」


Aさん「そうだったんですね・・・2年ですか・・・長い間、行動されていたんですね。状況はよくわかりました。で、今後はどうしていきたいと思っているんですか?」

 
僕「正直、どうしようか悩んでいます。転職も起業も無理でしたし、かと言って現職に留まるのも嫌で。でも家庭があるので辞めるわけにはいかなくて・・・」 
 

Aさん「なるほど。山田さんはお客様のために仕事がしたいんですね。 人の役に立つ仕事がしたいってことですよね?」
 

僕「はい・・・」

 
Aさん「わかりました。もし、できるものならビジネスをやってみたいという想いがまだあるようでしたら、山田さんに向いている仕事はありますよ。」
 

僕「えっ!?なんですか?」

 
Aさん「教育ビジネスです。」 

発想を変えると
好きなことがビジネスになる


驚いた僕は質問した。

「教育ビジネス??教育ってことは、僕が何かを教えるということですか?」

 
Aさん「そうですね。山田さんは、何かやりたいこととか、好きなことってありますか?趣味でもプライベートでも、なんでもOKです」 
 

僕「んー、、、特にこれといって好きなことはないんですが、最近『人狼ゲーム』をやっているときは楽しいですね。」
 

Aさん「へぇ~。人狼ゲームですか?僕も名前は聞いたことがあります。で、その人狼ゲームが楽しいことなんですね?」
 

僕「そうですね、現実逃避できるんで。夢中になれます(笑)」 
 

Aさん「だったら、人狼ゲームで稼いだらいいんですよ。」 


僕「えぇーーーーーっ!( ゚Д゚)そんなことできるんですか!?」

 
Aさんはサラッと答えた。

「可能です。なんなら、人狼ゲームで稼ぐことも、集客することもできます。 ビジネスって、何か得意な能力があるからできるというわけではないんですよ。」 


( ビックリしすぎて放心状態の僕 )


Aさんは続けた。

「例えば、人狼ゲームで月に3万円稼ぐ事ができたとしましょう。すると、山田さんは『好きなことをして副業で3万円稼ぐことができる方法』というのを教えることができるようになります。だって経験者であり、成功者にもなるんで。」

 
(なるほど・・・。)僕はそう思った。
 

Aさん「自分ができたことは教えられるんです。つまり、これまでにできたことも、これから先、新しくできるようになったことも、すべて教えられるようになります。だから、教えられることはどんどん増えていく。これが教育ビジネスのメリットです」 

 
僕「いや、、なんというか、、すごいですね。全然知らなかった…何か特別なスキルとかを持っていないとできないと思ってました。ようは自分にも教えられることがあるということですよね?」
 

Aさん「はい。例えば、今お伝えした、好きなことをして副業で3万円稼ぎたいって方、いると思いませんか?」
 
 
僕「確かに・・・いるでしょうね。主婦の方とか・・・?」
 

Aさん「そうですね。世の中には悩みを抱えている人はたくさんいます。で、その悩みを解決して、もっと〇〇なことができたら良いのにな~って考えている人もたくさんいるんです。そんな方たちの力になれるのが教育ビジネスなんです」 
 

さらに、Aさんは続けた。
 
「もちろん山田さんの得意なことや、これまでの経験から、教えられることは既にたくさんお持ちです。(会社で出世する方法とかもね?)でも、それだけではありません。山田さんにとって一番嬉しいと感じるメリットがあるんです。なんだと思いますか?」
 

僕「え?・・・なんですか?」
 

Aさん「お客様から感謝されるということです。」
 

!!( ゚Д゚)(声も出ない)


Aさん「人の役に立ちたいと思っている山田さんなら、お客様から直接喜んでいただけるこの仕事が合ってるんじゃないかと僕は思いました。 」

心のモヤモヤを吹き飛ばした
新たな希望


僕はこの話を聞いたとき、衝撃を受けたと同時に、2年間悩み続けていたことが 一気に解消され、「これだー!」と自分が求めていたものが明確になったのを覚えています。

 
僕がなぜ、会社を辞めたいのか?
僕はなぜ、起業したかったのか?
 
それは『人に幸せになってもらいたかったから』でした。

Aさんの話で、モヤモヤしていた感情も一掃され
好きなことで稼ぐとか、人の役に立つとか、副業から始められると聞いて 「やってみたい」 と思えた僕。
 
できるかどうかはわからない。

でも、「やってみたい」という気持ちの方が大きかった。
 
「自分で仕事ができるようになって、この現状から抜け出したい!」

会社員か、今の仕事内容(人材紹介)で起業するか、という選択肢しか無かった僕が新たな希望を見つけた瞬間だった。

飲み会に来ないレアキャラ


「現状から抜け出せるなら、やってみたい!」

心の死んでいた僕は、やる気がふつふつと湧き上がるのを感じた。


そこからは、通勤時間や休憩時間の全てを使って学びに没頭。

僕の知らない世界がまだまだある。


だひたび誘われる「ワイワイするだけの飲み会」にも「愚痴飲み会」にも一切参加せず、帰宅後も夜遅くまで学び続けた。


おかげで、飲み会には姿を見せないレアキャラ扱いとなる。


今までは特に断る理由も無かったから我慢して行っていた飲みニケーションだったけど、行かない理由ができて、僕的には、まぁちょうど良かった。

仕事の辛さも忘れるほど
無我夢中になれた日々


元々、ハマりだすと、とことん追求したいタイプの自分。

学生時代にのめり込んだブレイクダンスで、毎晩のように駅前で技の練習をしていたときと同じぐらい、学ぶことがとにかく楽しかった。

そして、何より、成長して変わっていく自分を感じることが、嬉しかった。


学びに没頭しているときは、会社での辛さも忘れて、無我夢中で勉強できた。

そして、心が死んでいた以前とは、うってかわって、毎日がとても充実していた。


希望が見えると人は夢中になって自然と行動できる。この時期のことは本当に貴重な経験だった。

今になってよくわかる。

お客様から頂いた感謝の言葉と
僕の決断


そして4ヶ月後。
教育ビジネスを勉強していた僕は
ついに、初めてのお客様と出会うことになる。
 
家庭環境に悩みを抱える彼女が、セッションをするうちにだんだんと変わっていくのを実感。

そして半年後、すっかり変わった彼女は、笑顔になって僕の元を去っていった。


僕は、自分の力で仕事ができたことの喜びと、お客様に直接感謝される喜びを同時に味わう『最高の経験』をすることができた。


僕がこの仕事で一番嬉しいと感じることがある。

それは、『山田さんのおかげで、自分の人生は変わりました。山田さんを選んで良かったです。 』と言っていただけること。

お客様から、感謝の言葉をいただいて、自分のやっていることが、本当に『人のために力になれている』ということを実感した。


今でも僕は、この仕事をする上で、ここに一番の価値を感じている。


その後も、悩みを解決してお客様に喜んでいただく、という経験を重ねた。


「仕事をすればするほど、より多くの方が幸せになる」


そう思えた僕は、ついに会社を辞める決断をする。

これからの僕がやりたいこと


会社を辞めたあとは、すっぽり抜けた勤務時間がすべて自由になった。
 

今では、家族と過ごす時間も増え、趣味や学びに充てる時間も確保でき、好きな時に、好きな人と、好きな場所で、好きなだけ仕事ができる毎日を過ごす。
 
『やりたいことがない』普通の会社員だった僕が、やりたいことを仕事にしながら、好きなだけ働けるという最高に自由な毎日を手に入れることができた。

 
余裕がないときには全然見えなかった景色だったが、時間にも心にも余裕ができると、人のことも大切にできるようになった。

 
僕が辞めたいと思っていた会社の上司が、
「会社の利益の為に動きたい」
という考えになっていたのも、その会社に育てられたという恩があったからなんだと、今となってはとてもよくわかる。

つまり、考え方が違うだけで、誰が悪いとかは無い。


会社が楽しい人は続ければいいし、そうでない人にも選択肢はある。


自分が何を大切に、何がやりたいかは全て自由でいいと僕は思っている。


『自分の好きなように自由に生きる人を増やしたい』


だから僕は、今も生活のためにと我慢して働いている人が、会社に頼らずに生きる力を身につけ、 自分らしく自由に生きられるように全力でサポートしています。


そして、これからは『自分らしく自由に働きながら、人の役に立ちたい』と考える人たちと一緒に、お互いが大切に想い合える優しい世の中を作っていきたい。

それが僕の想いです。


最後まで読んで頂きありがとうございます。

ここまでお読みいただいたあなたは
『現状を変えたいと本気で思っている方』だと思います。
 
さらに、
『自分の好きなように自由に働きながら、人の役に立ちたい』 という気持ちが自分の中にもあるということに気づいた方もいるのではないでしょうか? 

大事なのは、あなたが本当にその仕事をしたいという感情です。

世の中には『稼ぐノウハウ』を教えてくれるところはたくさんあると思います。

そういうところで、一生懸命学んで実践すれば、稼ぐことも可能でしょう。

でも結局は、仕事をお金稼ぎの手段としか考えていない方が多いため、お金を稼ぎ続けなければならないという不安や、人間関係の悩みが消えずに、悩み続けているという方たちを何人も目の当たりにしてきました。 

だから僕は、その悩みを自分で解決することができるスキルを提供し、ただ稼ぐだけではなく、自分の好きなように自由に働ける人を増やしていきたいと本気で思っています。 

そのためには、まず『会社に頼らずに生きる力(一生もののスキル)』が必要だと考え、今回は普段から僕が提供している内容を動画講座にして、より多くの方にお届けしたいと思い作りました。

この方法は、学んで実践された96.7%の方が
「もう前の人生には戻りたくない」と変化を実感されている方法ですので、心配はいりません。

『会社に頼らずに生きる力』を身につけたあなたが、自分の好きなように自由に働けることで、時間と心に余裕が生まれる。

そんな自分の人生を大切にすることこそが、本当の意味で相手を大切にできるようになり、お互いを大切に想い合える優しい世の中になっていくと僕は考えています。 

『会社に頼らずに生きる力』を身につけ、もう生活のために我慢して働く毎日から抜け出し、自分の好きなように自由に生きませんか? 

少しでも興味のある場合は、今だけ無料の動画を公開していますので、ぜひご覧ください。
 

※登録後すぐに動画が見れます。
不要だと思ったらいつでもブロックできます。

profile
山田康一朗
Yamada Koichiro

ゼロイチ教育山田塾 主宰・運営
やりたくないことをやめて
自分の好きなように自由に生きる人を増やし、
お互いを大切に想い合える
優しい世の中にしたい。

そのために、
我慢して働く毎日から抜け出したい方へ
会社に頼らずに生きる力が身につく方法をお伝えします。


ゼロイチ思考人生改革コーチ  山田 康一朗


自分らしく自由に生きる人を増やし
「あなたを選んで良かった」
とお客様から喜んでもらえるプロコーチを育成。

「がんばっているのに成果が出ない」
方たちを目の当たりにし、
悩みを解決できない本当の理由が『自分自身』にあることに着目。

以後、自分自身と向き合うマインドの教育で、
コーチとして問題解決に努めてきた。

コーチ育成以外では、
現状から抜け出したいと思いながらも、
生活のために我慢して働き続けている方へ
『会社に頼らずに生きる力』を身につけるためのサポートをしている。

更にこれからは、
『自分らしく自由に働きながら、人の役に立ちたい』
と考える人たちと一緒に、
お互いが大切に想い合える世の中を作っていきたい。